常通山 谷性寺


愛知県知多半島の中ほど、のどかな田園風景が広がる知多郡阿久比町に、

竹林に囲まれひっそり佇む浄土宗のお寺、谷性寺こくしょうじです。 

宗派:浄土宗 鎮西派

本尊:阿弥陀如来立像

創建:永禄元年(1558年)

住職:矢野晋空(22世)

前住職:矢野司空(21世)


永代供養墓

お墓の後継者がいない方や、一人でお墓に入りたいという方のために

永代供養墓「三界万霊碑」を建立致しました。


谷性寺の開山は寛永3年(1626年)に雲谷寺3世正蓮社覚誉上人である。谷性寺は初め善生寺であったが、寛文末年から宝暦2年の間に善生寺から谷性寺に寺名を変えている。

寺伝によると、永禄元年(1558年)十一面観音を本尊として、達誉常通敬貞菩堤のため寺宇を建立したが、後に破壊され寛永3年に無地を拓きこの地に移転をし、寺号を常通山谷性寺と改め再建をした。(阿久比町誌より)